iPad Chromebook 比較!ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)

iPad Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Youtubeなどの動画を視聴する場合に便利なのが、「◯◯しながら何かをする」といった作業になりますが、この場合では Picture in Picture(PiP) 機能を利用する場合もあります。

この機能を利用すると、視聴している動画が小さなウィンドウに表示されるため、それを見ながら他の作業を行えるようになるのである。

この機能はiPad 及び Chromebook の両方とも行えるのですが、OSが異なるが故に操作方法も異なります。

今回の記事は『iPad Chromebookで、PiPピクチャ・イン・ピクチャ(Picture in Picture)を利用する方法の比較』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Picture in Picture メリット・デメリット

Youtube 動画視聴している場合に、何か別の作業をやりたくなった場合に使うと便利な機能がPicture in Pictureになります。この機能はiPadやChromebookでも利用できます。

iPad 一長一短

PIPの機能を利用しなくても、Slide Overという機能も利用できるので、他の選択肢があるという点では便利に利用できます。

その反面、iPad Youtubeアプリでは対応していないので、他の作業をやりたいな!と思った時に、Safariブラウザからアクセスし直す必要があるという部分はイマイチに感じます。

そのため、Youtubeを視聴する場合はSafariブラウザに一本化する必要があるのでは?と感じますが、この場合だと、Split Viewする場合に困ってしまうので、どうなんでしょう?といった感じです。

どの利用方法が自分にとって最適なのか?試行錯誤する展開になりそうの予感といった感じでしょうか?

 

Chromebook 一長一短

ChromeでYoutubeを開いて、視聴したい動画を選択すると動画が再生しますが、この状態で動画の画面から下側にスワイプすると、画面右下にピクチャ・イン・ピクチャできます。

ここまでは良いのですが、Chrome最小化すると小窓の動画も非表示になってしまうので不便に感じます。これをどうにか?したい場合は、Google Chromeに拡張機能を追加する必要があります。

対応する拡張機能を利用すると、フローティング表示が行えるようになるので、その時点で初めて便利に使えるな~という気分を味わえるようになります。

 

スポンサーリンク

iPad Picture in Picture 操作方法

ここでは、iPadでYoutube動画視聴をピクチャ・イン・ピクチャする場合の操作方法についての紹介になります。Safariブラウザでアクセスするのが最適です。

Youtubeアプリ、Safariブラウザ

① Youtubeアプリ
Youtubeアプリを利用して、ピクチャ・イン・ピクチャする場合では、残念ながらできないみたいです。SafariブラウザでYoutubeを検索して利用するのが最適です。

 

② Safari
SafariでYoutubeを開いて、ピクチャ・イン・ピクチャする場合では、視聴したい番組をタップして選択すると、PIPのアイコンが表示されているので、それをタップする事で簡単にPicture in Pictureが表示できます。

 

Chromeブラウザ(ホームに戻ると終了)

Google Chrome でピクチャ・イン・ピクチャする場合では、見たい動画番組を開いて、画面下側にスワイプすると、簡単にPicture in Pictureが表示できます。

但し、この方法では、ホーム画面に戻ってしまうと表示が消えてしまうので、最適な方法ではありません。

 

Chromeブラウザ(ホーム画面でも視聴)

Youtubeを検索して、Youtubeを長押しを行い「新しいタブで開く」をタップして、新しいタブでYoutubeを開きます。

視聴したい番組をタップして選択した上で、動画を最大化で表示します。ここで画面をタップすると、左上にPIPのアイコンが表示されます。

このPIPのアイコンをタップすると、画面右下にPicture in Pictureの小窓が表示されます。この状態に限り、ホーム画面に戻っても、そのままYoutube動画の小窓がそのまま表示されます。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

Chromebook Picture in Picture 操作方法

ここでは、ChromebookでYoutube動画視聴をピクチャ・イン・ピクチャする場合の操作方法についての紹介になります。拡張機能を追加する事で対応できるようになります。

Youtubeアプリはできない

Chromebookに標準搭載されているYoutubeアプリで、ピクチャ・イン・ピクチャは出来ません。対応していないみたいです。

Google Chromeに拡張機能を追加すると、Chromeブラウザから簡単に行えるようになります。

 

Chrome拡張機能で対応できる

Google Chromeを開いて、メニューから「その他のツール」の中にある拡張機能を開き、拡張機能のメインメニューを開いてChromeウェブストアにアクセスします。

ストアを検索する場所で、「PIP」又は「Picture in Picture」を入力して検索すると、対応する拡張機能が一覧表示されます。

どれでも良いので好きな拡張機能をChromeに追加します。筆者の場合は、「Picture-in-Picture Floating」を利用しています。

 

Chrome 拡張機能の利用方法

ここでは、拡張機能である「Picture-in-Picture Floating」を利用したピクチャ・イン・ピクチャの操作方法についての説明になります。

① 視聴したいYoutube動画を選択

② 拡張機能 Picture-in-Picture Floating をタップ

右下に小窓が表示

 

iPad Chromebook 比較!Picture in Picture

Youtubeなどの動画で、ピクチャ・イン・ピクチャを行う場合では、iPad Chromebook どっちの操作が便利に行えるのか?についての比較になります。

iPad Chromebook どっちが便利に使えるのか?

結論から先に言えば、甲乙つけがたいです。iPadでSafariブラウザを開いてYoutubeを視聴する場合では、ワンタップでPicture in Pictureできます。

それに対して、Chromebookの場合でも、Google Chrome のピクチャ・イン・ピクチャの拡張機能を追加利用する事で、iPadと同じような事ができるようになります。

どららもワンタップで行えるため、とても快適に利用できると思います。

 

あえて言えば、iPadの方が便利

あえて、どっち?を選択するのであれば、iPadに軍配が上がります。というのも、Chromebookの場合では、ピクチャ・イン・ピクチャの拡張機能を追加しなければいけないからです。

それに対して、iPadの場合は、SafariブラウザからYoutubeにアクセスするだけで、簡単にピクチャ・イン・ピクチャできるので誰でも簡単に利用できます。