iPad Chromebook 比較!右クリック 設定 使い方

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

iPad にApple純正キーボードケース Magic Keyboard をドッキングするとノートPCのように利用できますが、この状態で Chromebook との使い勝手はどっちが便利に使えるのでしょうか?

特に気になるのはMagic Keyboard や ロジクールFolio Touch に搭載のトラックパッド 及び Chromebook 搭載のタッチパッドでの右クリックの操作方法になります。

マウスを利用すれば右クリックは簡単に行なえますが、マウスを利用したからと言って必ず便利に使えるという訳でもないのが実情なため、キーボードケースに搭載されているタッチパッドの使い勝手は重要になります。

今回の記事は『iPadノートPC化 と Chromebook で利用するタッチパッドの右クリック操作方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC化とChromebookの使い勝手

iPadにキーボードケースをドッキングすると、ChromebookのようにノートPCスタイルで利用できるようになります。この状態での両機種の使い勝手についての内容になります。

iPadノートPC化の使い勝手

iPad Air にロジクールFolio Touch をドッキング装着した場合では、直挿しタイプのUSB Type-Cハブを利用できないのがデメリットに感じます。

実際のキーボード入力においては、バックライト付キーボードなので暗い場所でも入力できるのが便利に感じますが、iPad日本語変換はイマイチです。長文の入力には向いていないと思います。

このキーボードケースは重たいので、iPad Air とドッキングした状態での持ち運びには適していません。自宅で利用する用途が最適に感じます。

トラックパッドは広めのサイズ感があるので操作しやすいです。

 

Chromebookの使い勝手

所持してるChromebookは、Lenovo IdeaPad Duet になります。10.1型のディスプレイなので、iPad Air よりも小さいサイズです。

実際の入力作業では、画面サイズは小さいのですが、ロジクールFolio Touch と同程度のキーボードなので違和感なく入力が行えます。

日本語入力も普段からGoogle日本語入力を利用している関係もあり、スムーズに変換できてバッチグーといった感じです。やっぱり使い慣れたIMEを利用できるのはポイントが高いです。

タッチパッド操作に関して言えば、右クリック操作が2本指で行えるので便利に使えます。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC化 トラックパッド操作(右クリック)

ここでは、iPadにトラックパッド付キーボードケースをドッキングした上で、トラックパッドでの右クリック操作 及び マウスで右クリック操作についての内容になります。

iPad トラックパッドで右クリック操作

① 右クリック
iPad Air 4 にロジクールFolio Touch をドッキングした状態で、トラックパッドで右クリック操作を行っても何も起こりません。

 

② 右クリック&長押し
ホーム画面で右クリックした状態で長押しすると、アプリ(アイコン)の位置を変更したり、ウィジェットの追加などのカスタマイズが行えるようになります。何も操作しないで、しばらく時間が経過すると、自動的にホームに戻ります。

 

iPad マウスで右クリック操作

iPadにマウスを接続した上で、右クリックしても基本的には何も起こりません。それならばどのようにすれば良いのか?というと、AssistiveTouchで右クリック操作時はどうするのか?を割り当てる必要があります。

左クリックした時はどんな操作を行い、右クリックした時はどんな操作を行うというのを割り当てる事ができるようになっています。

 

マウスで右クリック操作の割り当て設定方法

① 設定を開く

② アクセシビリティをタップ

③ タッチをタップ

AssistiveTouch をタップ

⑤ デバイスをタップ

⑥ 接続しているマウスをタップ

⑦ 左右のクリックボタンを割り当てるを設定を行う

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

スポンサーリンク

Chromebook タッチパッド操作(右クリック)

ここでは、Chromebookのキーボードに搭載されているタッチパッドでの右クリック操作についての内容になります。右クリックしたいのにできないといった内容も含みます。

Chromebook 右クリックした場合

壁紙表示のデスクトップ画面で右クリックした場合は何が行えるのか?と言うと、行えるのは3つの操作のみというシンプルさになります。固定表示と非表示どちらがよいのか?は個々の判断にお任せ!

 

① シェルフを自動的に非表示
Chromeを表示している時にシェルフを表示していると、画面サイズが少し狭く感じるので、必要に応じて非表示にすると、少し画面を大きく利用できます。カーソルを下に合わせると自動的に表示されます。

 

② シェルフの位置
デフォルトではシェルフは下側に配置されていますが、「左・右・下」の3箇所に位置を変更できます。

 

③ 壁紙を設定
デフォルト設定されている壁紙から変更したい場合は、ここで設定する事ができます。

 

Chromebook 右クリックする操作方法

そもそも、Chromebook でどうやって右クリックするのかな?と思った事はありませんか?というのも、タッチパッドでクリックできますが、右クリックメニューは表示されないと思います。

そのため、右クリックするにはマウスが必要になるんだな!という認識になってしまう場合が多いのでは?と思います。この認識は不正解になります。何故なら、タッチ操作で右クリックを行う事ができるからです。

2本指(人差し指、中指)で同時にタッチパッドをクリックすると、右クリックメニューを表示できます。

 

Chromebook 3本指の場合は?

因みに右クリックとは関係ない話になりますが、3本指の場合はどのような操作が行えるのか?について紹介したいと思います。

タッチパッド上で、3本指(人差し指、中指、薬指)を上に払うようにタッチ操作を行うと、アプリを切り替える事ができるようになります。iPadでは、Appスイッチャーと呼ばれる機能になります。

但し、最近使用されたアプリが無い場合は切り替えできないので注意が必要です。

 

iPad Chromebook 右クリック操作どっちが便利?

ここでは、iPad 及び Chromebook での右クリック操作はどっちが便利に感じるのか?についての紹介になります。トラックパッド及びマウスの2パターンで判断となります。

トラックパッドでの右クリック操作はChromebook

トラックパッドでの右クリック操作の場合では、どっちもどっちになります。どっちを選択しても特にこれといって特筆するべき内容はありません。

iPad Chromebook 共にイマイチな感じですが、あえて言えば、Chromebookの方が便利かも知れません。壁紙設定やシェルフの位置変更、シェルフの表示方法を変更できるようになるからです。

因みに、Chromebookの場合はマウス操作の場合でも同じ操作になるため、非常に分かりやすいと思います。

 

マウスでの右クリック操作はiPadが便利

マウスでの右クリックメニューの操作は、基本的にはiPadもChromebookも、どっちもどっちという見解になります。甲乙つけがたいぐらいに良くないと感じます。

でも、iPadの場合は、マウスの左右クリック操作を割り当てる事ができるため、この設定を行えば、便利に快適に利用する事ができます。

マウスで右クリックするだけでホーム画面に戻る 又は メニュー表示事できると快適に感じます。