iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット

iPad レビュー
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。

iPad mini 5も所持しているのですが、通勤&ゲームに特化しているため、それ以外の用途で利用できるディスプレイが大きいiPadが欲しかったのである。

今回の記事は、『iPad Air 4 と Smart Folio レビュー 及び 実際の使い勝手&メリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 について

USB Type-C 及び Smart Connector を搭載した iPad Air(第4世代)Wi-Fi 256GB を購入したので、その紹介となります。

iPad Air 4(256GB)Wi-Fi 製品仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retina ディスプレイ

端子等 : Smart Connector、USB Type-C

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

 

Touch ID(指紋認証)

iPad Air 4 には Touch ID(指紋認証)が搭載されています。Touch ID付きの電源ボタンになっているのが特徴の1つになります。

Face IDではないため、マスクをしていてもロックを解除できるメリットがあります。

但し、自宅でiPadを使う場合ではマスクをしていない場合の方が圧倒的に多いため、ロック画面を解除する度に指を添えるのは煩わしいと感じる場合もあると思います。

 

USB Type-C 搭載

iPad Air 4 の充電端子は USB Type-C になります。ノートPCで使っている USB Type-Cハブ(ドッキングステーション)をiPad Air で利用できます。

USB-Cハブがあれば、ワイヤレスWi-Fiマウスも利用できるため、Magic Keyboard や ロジクールFolio Touch を装着してノートPC化も行えるようになります。

実際には中身を伴わないのでノートPCとして利用する事は出来ませんが、実際の用途によってはそれに近い事も可能になるのが魅力的です。

 

Smart Connector 搭載

iPad Air をノートPCのように利用する場合に有ると便利なアイテムが Magic Keyboard や ロジクールFolio Touchになります。

これらのキーボードケースは、Smart Connector を装備しているため、キーボード本体を充電する必要がありません。

 

スポンサーリンク

一緒に購入した iPad Air 周辺機器アクセサリ

iPad Air 4 を購入する場合では同時に注文したアクセサリが3つ有るため、購入した周辺機器アクセサリについての紹介になります。

iPad Air Smart Folio

iPad Air 4 のディスプレイ保護 及び スタンドも兼ねる役割を担うのが iPad Air Smart Folio になります。

オートスリープ機能に対応し、カバーを開くと電源ON、カバーを閉じると電源OFFになるため、便利なアイテムです。

カバーの内側にはホコリ等が付着しても吸着して取ってくれるような素材になっているため、便利に感じますが、購入したカラーはあまり良い色ではなかった感じです。

因みに購入したカラーはネイビーになります。

 

Apple Pencil(第2世代)

iPa mini 5 で使用しているロジクール Crayon for iPad を所持しているため、別に購入しなくても良かったのですが、せっかくの良い機会なので購入しています。

でも、全体が真っ白のホワイトなので汚れが目立つのでは?という不安が漂っているため、ペン先やペンの保護も兼ねるApple Pencilカバーを別途購入した方が良さそうに感じます。

充電方法はiPad Air 4 にマグネット接続で自動充電されるようになっています。実際に持ってみると細いように感じます。

 

ロジクール Folio Touch

iPad Air で入力を伴う作業に使う目的で購入したのが Logicool Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for iPad Air(第4世代)になります。

Apple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard Folio を買わないで、ロジクール Folio Touchを購入しています。

トラックパッドが搭載されているのが大前提と考えていたため、Smart Keyboard Folioは最初から眼中にありませんでした。Magic Keyboard はFolio Touchよりも重たいので却下となりました。

 

iPad Air 4 レビュー

iPad Air 4 のレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Air 4 イマイチに感じる部分

本体容量がイマイチです。64GBと256GBしか選択できないので、購入する時に大いに悩みました。iPad mini 5では64GBを購入しているので、256GBも必要なのかな?と感じたからです。

でも長く利用する事を考えれば256GBを選択して正解だったと思えれば良いと思います。残念ながら現状ではそのように思えていないのでイマイチに感じています。

まだ購入して1ヶ月程度しか経過していませんから、そのように感じるだけかも知れません。

 

iPad Air 4 便利に感じる部分

USB Type-C は超便利と言った方が正解になります。特にUSB Type-Cハブが利用できるので、メインで使っているノートPCの周辺機器を活用できます。

今まではPCの用途でしか使っていなかったのですが、iPad Air でも活用できるようになったので利便性が良くなりました。

必要に応じてPC 又は iPad といった感じに使い分ける事が出来ますから筆者にとっては購入して良かったと感じます。

 

Touch ID付き電源ボタン

ロジクールFolio Touchに装着して、Touch ID付き電源ボタンを押す場合では、何か押しづらいように感じます。

でも、Smart Folio に装着した状態ではそのように感じないので、装着するケースによっても実際の感じ方が異なるという事が判明しました。

 

iPad Air 4 特筆事項

① ステレオスピーカー
iPad Air には、ステレオスピーカーが搭載されていますが、横向きで利用すると左右にスピーカーが配置される事になります。

どちらか一方から聞こえるといった感じではなく、左右から聴こえるので良かったと思います。

 

② ディスプレイ
ディスプレイのベゼル幅は狭く感じません。むしろ、太いと思った方が正解です。もうちょっと狭くしてくれた方が良かったのにな~と思います。

 

③ USB Type-Cハブを使う場合
iPad Air 4 にキーボードケースを装着して利用する場合は注意が必要になります。特にロジクールFolio Touchを装着する場合では、直挿タイプのUSB-Cハブが利用できません。

直挿タイプではないUSB-Cハブを別途用意して下さい。

 

iPad Air Smart Folio レビュー

iPad Air 4 と同時に購入した iPad Air Smart Folio のレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

Smart Folio 表面

表面に関して言えば、カラーによっても変わると思います。筆者の場合はネイビーを購入したのですが、この色は良くないと感じます。

どうしてそのように感じるのか?と言うと、白っぽい汚れが特に目立つのである。長く使っていればツルツルのテカテカになると思うので気にする必要はないのですが、それでも汚れが目立つ色のように感じます。

ブラックやネイビーの選択はしない方が良さそうに感じます。

 

Smart Folio 表面&内側

内側を触ってみると、フリースのような感じの触り心地になるので気持ち良いです。

ディスプレイにホコリなどが付着している場合でも吸着して、ちょっと綺麗になるといった程度にうまく取れます。

でも、ガラスフィルムを貼付すると、ホコリの取れ具合が悪くなった気がします。もしかすると、ガラスフィルムとの相性は良くないのかも知れません。

とはいえ、長く使うにはディスプレイ保護は必要になるため、ガラスフィルムを剥がす選択は良くないのではないか?と個人的に考えています。

 

Smart Folio の持ち運びレビュー

ロジクールFolio Touchも購入しているので、iPad Air Smart Folio は買わなくても良かったのかも知れないと、後悔していたのですが、実際に使ってみると、そのように感じませんでした。

というのも、確かにFolio Touchがあれば万能タイプなので何でもOKといった感じになりますが、これを持ち歩くには重たいです。

iPad Air 4 + ガラスフィルム + ロジクールFolio Touch の合計重量が1.1Kgを超えているため、手軽に持ち出せない重量感になります。

そうなると、外出先に持ち歩く場合では、Smart Folio を装着した上で、折りたたみキーボードを持参した方が最適に感じます。

同時に購入して後悔もしましたが、実は正解だったという結果になります。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

iPad Air 使い勝手&メリット・デメリット

ここでは iPad Air 4 のメリット&デメリットについての紹介になります。実際の使い勝手も含めての内容となります。

iPad Air 4 デメリット

連携する周辺機器によって使い勝手が大きく変わるのがデメリットに感じます。その一例として紹介すると、どのキーボードケースを利用するのか?という部分に尽きます。

Apple純正のMagic Keyboard 又は ロジクール Folio Touch どっちを利用するのか?で運命が変わります。

その運命とは何なのか?というと、USB Type-Cハブが重要なポイントになります。この周辺機器を利用するのか?しないのか?を購入する前に決めておく必要が求められます。

直挿タイプのUSB Type-Cハブを使う場合はMagic Keyboard、直挿ではないタイプのUSB Type-Cハブを使う場合はロジクールFolio Touchとなります。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

iPad Air 4 メリット

① USB Type-C
USB Type-Cハブが利用できるのでPC周辺機器を便利に活用できるのがメリットだと考えます。

 

② Smart Connector
意外と便利なのが、Smart Connector が利用できるのでノートPC化する場合に重宝します。

 

iPad Air 4 使い勝手

通勤時に愛用している iPad mini と比較すると、画面が大きくてとても見やすいと感じます。画面が7.9インチから10.9インチになるだけで、こんなに違うのか~と実感できます。

特に入力を伴う作業を行う場合では、Bluetoothキーボードを利用しなくて済むのが便利に感じます。別途充電しなくて良いのですし、稀に挙動不審なカーソルの動きをするといった事もありません。

Apple Pencil(第2世代)への充電&ペアリングもスマートに行えるため、購入して良かったと実感できます。

 

スポンサーリンク

 

iPad Air 4 ノートPC化の活用レビュー

iPad Air で入力を伴う作業を行う場合ではロジクールFolio Touchを装着します。この状態でどんな用途に活用しているのか?についての紹介になります。

iPadで使えるOfficeアプリ

iPadで利用できるOfficeアプリをいくつか実際にインストールして、どのアプリが自分にとって最適に感じるのか?を購入してから丸1ヶ月程度ずっと試していました。

iPad Air を仕事にも活用したいと考えているため、Officeアプリとの連携は必須になると思います。これをどうにかしてクリアできないと仕事活用は厳しいので、どれが最適なのか?ひたすら触っていました。

現在状況では、キングソフトのWPS Officeに定着しつつありますが、操作性はイマイチに感じる部分もあるため、現段階では何とも言えないのが実情になります。

 

ウィジェット活用

通勤に持参している iPad mini ではウィジェットはあまり使っていないのですが、iPad Air では、ウィジェットを使うようになりました。

実際に使ってみて便利に感じるのは、ロック画面で指紋認証しなくてもフリックして呼び出せるのが最適に感じます。

何故か?と言うと、ホーム画面を開けるまでもない場合も実際にあるので、そんな時にサッと呼び出して確認できるのは快適です。

 

ウィジェットは一長一短

確かにウィジェットは便利に感じますが、全てのアプリがウィジェットに対応している訳ではないので、自分が本当に利用したいアプリが見つからない場合もあります。

もうちょっと使えるアプリが増えてくれた方が使い易いと思います。