iPad mini 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー

iPad レビュー
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad mini 5 及び Smart Cover で入力を伴う作業に利用するのがBluetoothキーボードになります。iPad mini の場合はApple純正のSmart Keyboard がないので市販のキーボードが必要です。

Androidタブレットで使っていた折りたたみキーボードをiPad mini に転用して利用する事にしたので、その紹介をしたいと思います。

そこで今回の記事は『iClever IC-BK08 Bluetooth折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 折りたたみタッチパッド付キーボード

iPad mini にはApple純正のSmart Keyboardが無いため、ノートPCのように使う場合ではBluetooth接続のキーボードが必要になります。

iClever IC-BK08 折りたたみキーボード

通常使用時 : 278mm × 90mm
折りたたみ : 158mm × 90mm

重量    : 208g

接続方式  : Bluetooth

付属品   : MicroUSB充電ケーブル、専用のキーボードケース

 

左右クリックボタン付タッチパッド(トラックパッド)

折りたたみキーボードの右側部分にタッチパッド 及び 左右のクリックボタンを搭載しています。クリックボタンは大きいので押しやすいです。

但し、タッチパッドのサイズは決して丁度良いという訳でもなく、むしろ小さめに感じのが実情になります。ノートPCのようなサイズの大きいタッチパッドではないので注意が必要になります。

過度に期待して購入すると実際に見てちょっとガックリする場合も多いと思います。オマケ感覚に付いている程度とイメージして頂ければ良いのではないか?と考えます。

 

折りたたみ式で携帯性抜群(持ち運び)

iClever IC-BK08 タッチパッド付き折りたたみキーボードの特徴としては、折りたたみ式という部分に付きます。

折りたたみ式なので携帯性に優れているキーボードになります。特にiPad mini と連携して外出先で利用する場合では相乗効果が期待できます。

iPad mini の本体重量は300gなので合計すると500gちょっとの重量で済むため、携帯性は抜群になります。サイズも折りたたんだ状態で、158mm × 90mm になるのでコンパクトです。

 

スポンサーリンク

iClever IC-BK08 折りたたみキーボード良し悪し

iClever IC-BK08 タッチパッドBluetooth折りたたみキーボードのメリット及びデメリットについての紹介になります。

IC-BK08 デメリット

このキーボードのデメリットに感じる部分は何があるのか?と言うと、スマートな形状が挙げられます。この点に限って言えば、メリットに感じる場合が多いです。

確かにメリットには違いないのですが、逆にスマートな形状が仇になる場合もあります。特にキーボード入力を行う場合ではタイピングミスがあると作業効率にも影響が出ます。

このキーボードの形状がスマートが故のタイピングミスを誘発する可能性が高いのです。外出時に持ち歩く用途で使うのであれば問題ありませんが、自宅で使う用途には不向きだと考えます。

 

IC-BK08 メリット

① タッチパッド(トラックパッド)
iClever IC-BK08のメリットは左右のクリックボタンが付いたタッチパッドを搭載している事に尽きます。これが有る事で利便性が非常に高まっているため使いやすいです。

特に恩恵を受けるのがアプリを利用する用途だと思います。どのアプリに対しても共通に使えます。

 

② マウス代わり
マウスの代用としての用途にも使えるため、別途Bluetooth接続のマウスを購入しなくても良いのが便利です。

 

特筆事項(付属品)

意外と重要になるのが付属の専用ケースだと思います。付属で付いて来るケースの場合ではちゃっちい感じのパターンが多いと思いますが、iCleverの場合は高級感があります。

緩衝材としての役割も兼ねているのかな?と感じるような専用ケースになります。

 

iPad mini 折りたたみキーボードのレビュー

iPad mini と連携して使う機会が多いiClever IC-BK08 折りたたみキーボードのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

IC-BK08 イマイチに感じる部分

充電方法がイマイチに感じます。MicroUSB端子を装備しているため、MicroUSBケーブルでの充電方法になります。

外出先に持ち歩く場合では、3in1充電ケーブル(USB Type-C、MicroUSB、Lightning)を持参する必要が発生するのである。

この点以外では特にイマイチに感じる部分は見当たらないため、比較的に満足できる折りたたみキーボードなのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

IC-BK08 便利に感じる部分

① 機器を切り替え
iClever IC-BK08は、Bluetooth接続の折りたたみキーボードになりますが、Bluetooth機器を切り替え出来るようになっています。

例えば、パソコン・iPad・スマホとペアリングした場合では、3つの機器をボタン1つで切り替える事が出来るため、便利に利用できます。

 

② 携帯性
何と言っても圧倒的なサイズ感が重宝します。片手で楽に持てるコンパクトサイズなので携帯時に持参したいと感じるようなキーボードです。

 

タッチパッドの操作性

この折りたたみキーボードの特徴の1つになっているのがタッチパッドになります。ノートPCに搭載されているタッチパッドと比較すると圧倒的に小さいです。

確かにサイズ的には小さいのですが、それでも使い勝手は特に問題ないです。その理由の1つとして、左右のクリックボタンが搭載されている事が挙げられます。

しっかりと押せるクリックボタンが有るため、操作性は良いと思います。個人的にはクリックボタンも含めて右側のエリアは全てタッチパッドにして欲しかったな~と思っています。

 

実際の使い勝手

スマートな折りたたみキーボードの形状になっているため、入力を伴う作業においては、狭さを感じます。ファンクションキーも兼ねる数字キーが特に小さいです。

逆にスペースキーはノートPCに搭載されている物よりも大きいので使い易いと思いますが、Enterキーが小さいのでバランスが悪いと感じます。

実際の入力を伴う作業においては、キーボードのサイズが影響を及ぼす事になるため、キーボードを見ながらタイピングするようになります。

何故か?と言うと、メインで使っているノートPCのキー配列と異なるため、見ながら入力する必要があるのです。

そのため、実際の作業効率は劣るのが実情になります。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

iClever 折りたたみキーボード活用

iPad mini と連携する機会が多いBluetooth接続に対応したiClever IC-BK08折りたたみタッチパッド付キーボードの活用方法についての紹介になります。

外出先で入力作業を行う場合に最適

iPad mini を外出先に持ち歩く場合ではキーボードケースを使った方が良い場合がありますが、キーボードケースの場合では重量が重たくなってしまう場合が多いです。

これでは余計に疲れてしまう原因にも繋がるため、決して良い選択とは言い難いです。外出先に持ち歩く場合では携帯性にも配慮が必要です。

やっぱり、外出時においては便利さも重要になりますが、筆者の場合はむしろ、便利さよりも軽量を求めています。

とにかく全体重量が最軽量になる組み合わせが最適だと感じているため、キーボードケースを持ち歩きたいとは思いません。

但し、例外もあり、iPad Air 4 にロジクールFolio Touch を装着して持ち歩く場合もあります。

 

マウスの代用で使えるのが便利

iPad シリーズの場合はPCと同様にマウスを利用する事が出来ますが、iPad mini の場合はLightning端子なのでUSBレシーバーがあるワイヤレスW-Fiマウスを利用する事が出来ません。

iPad mini でマウスを使う場合では別途、Bluetoothマウスを購入する必要があります。わざわざ購入するのは勿体ないと思います。

でも、タッチパッドキーボードのiClever IC-BK08であれば、マウスと同様ではないものの、同じような操作感が得られるため、十分にマウス代わりとして役立ちます。

タッチパッドが小さいので便利という訳ではないですが、Bluetoothマウスを購入する手間を考慮すると全然良いと思います。

 

iPad スタンドと連携した方が使い勝手が良い

iPad mini でiClever IC-BK08 折りたたみタッチパッド付キーボードを使う場合では、携帯できるiPadスタンドを組み合わせた方が便利に使えます。

実際の入力作業では、ただ単に入力を行えば良いのではなく、入力し易い環境も重要になります。環境面を考慮すると、自分にとって最適なディスプレイ角度が求められます。

そうなると、角度調整が自由に行えるスタンドも有った方が入力し易いです。