iPadおすすめ選び方!後悔しない購入方法は用途&活用で決める

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

新しいiPadを買いたいと思った場合では、どのiPadを購入すれば良いのか?悩む場合が多いですが、この選択方法は間違っていると思います。

何故か?と言うと、機種で選んではいけないと感じるのが最大の理由になります。iPadの機種で選ぶのも勿論大切だと思いますが、根本的に順番が違うような気がします。

真っ先に考えるべき事は、購入したいiPadで何を行うのか?が全てだと思います。これが有って、初めて、そのiPadでなら実現できるのか?という話になるのではないか?というのが個人的な見解になります。

今回の記事は「iPad おすすめ選び方は、用途 及び 活用で決める選択が買って後悔しない判断方法で決める」についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad購入する場合の機種の選び方

iPadシリーズを購入する場合では、どのiPadを購入すれば自分にとって最適に感じるのか?を選ぶ必要があります。この機種でないと絶対にダメ!という明確な理由が有ると助かります。

iPadシリーズには種類がある

iPadには、「無印iPad」、「iPad mini」、「iPad Air」、「iPad Pro」 という4つの機種があります。

入門用に向いている機種もあれば、バリバリに仕事でも十分に活用できる高性能なスペシャル仕様も有るので、どのiPadが欲しいのか?によっても活用方法が変わってきます。

それに毎日の通勤や通学といった場合に持ち歩く場合では、周辺機器アクセサリーも変わって来るため、iPadシリーズを購入する場合では周辺機器も考慮する必要があります。

 

自宅で使うのか?外出先で使うのか?

iPadの場合では、手軽に持ち歩ける携帯性も兼ね備えているため、自宅に限らず外出先に持ち歩く事も容易です。

自宅で使う場合ではWi-Fiが整備されていれば各部屋どこでもインターネットにアクセスできるため、どこでも便利に使えます。

また外出先に持ち歩くのであれば、周辺機器アクセサリーも必要になりますし、外出時に持ち歩くと便利に感じるiPadの方が良さそうに感じます。

 

iPad は、何の用途で使うのか?

何かを購入する場合では、何の用途で使うのか?も重要になります。特にiPadの場合では有れば便利に感じるガジェットでかつ、別に無くても問題ないガジェットでもあります。

そのため、購入しようとしているiPadはどんな用途で使うのか?は超重要になると考えます。ただ欲しいというだけで購入する場合も勿論ありますけど、この場合だと後々に使い道に困ってしまう展開に発展するのでは?と思います。

仮にこの場合だと、いったい何の為にiPadを購入したのか?になってしまうため、買って後悔する羽目になると考えます。

 

スポンサーリンク

iPad購入では購入目的と実際の用途が重要

iPadを購入する場合では、「欲しい」や「買いたい」という事で頭の中がいっぱいになっている場合が多いため、実際の用途については具体的に考えていない場合が多いです。

ノートPC代用が目的の場合

一番やってはいけないと感じるのは、iPadをノートPCの代用する目的で購入するというパターンになります。

どうしていけないのか?と言うと、iPadは一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載しており、キーボードやマウス、USBハブといったPC周辺機器を利用する事ができます。

でも、残念ながら、これらのPC周辺機器をiPadで利用してもiPadなのである。ノートPCの代用は行なえないですし、逆にノートPCも必要になります。

これでは何の為にiPadを購入したのか?分からないと思います。

 

イラストやデザイン系の作業を行う場合

デザイン系の仕事や趣味を持っている場合では、最高のパートナーと言っても過言ではなくぐらいにベストな選択になります。

どのiPadでも問題ありませんが、あえて言えば、iPad mini は画面が小さいので選択肢から外した方が良いと考えます。

 

動画編集の用途

iPadにはデフォルトでiMovieが初期インストールされているので、動画編集アプリを購入しなくても一般的な用途であれば動画編集できます。

流石にプロ仕様や自分にはもっと多機能が良いと考えている場合では有料アプリを購入した方が良いですけど、そこまでする必要はないと考えている場合では正に丁度よいガジェットになります。

 

購入目的と購入用途は重要な関係

iPadを購入する場合では、購入目的購入用途はベストパートナーの関係になります。何故か?と言うと、購入した目的が途中で挫折したり、直ぐに達成されてしまうと、本来の用途では利用しない事を意味するからです。

仮にこのような展開になった場合では、iPadの使い道活用方法に悩んでしまう展開に陥る場合もあるため、継続して利用できる用途の有無は重要です。

もし、iPadを購入するまでに見つからない場合は大変申し訳ございませんが、買わない選択を行った方が賢明です。

 

スポンサーリンク

iPad 後悔しない【おすすめ】選び方

iPadが欲しくて購入したのに、購入目的が達成できなくて使い道や活用方法で悩んでしまったら、買って後悔する展開になります。これは非常に勿体ないです。

iPad おすすめ選び方「活用方法で決める」

iPadは所持していれば便利に感じるけど持っていなくても困らないガジェットに該当するため、購入目的と実際の用途が合致している必要があります。

途中で購入目的が達成されてしまうと、心ここに有らずといった感じになるため、ちょっとおかしな展開になります。軌道修正できれば問題ないのですが、残念ながら明確な用途がないと厳しいです。

用途もないのにiPadを買うと、使い道に困る展開になります。それならば、具体的にどのようにiPadを選ぶのか?も重要な要素になります。

 

iPad おすすめ 選び方「実際の用途」

① 外出時に持ち歩く場合
通勤や通学も含めて外出時に持ち歩く用途の場合では、iPad mini が最適です。スマホよりも大画面でかつ最軽量&片手で操作できるのが便利です。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover を購入して1年が経過しましたが、現在も現役として便利に活用しています。 具体的にどんな用途で使っているのか?と言うと、通勤時に持ち歩く読書ガジェ...

 

② 入門用途で使う場合
安価で購入できる無印iPadは入門用途で利用する場合に最適です。キーボードケースも利用できますが、あえて言えば、Apple Pencil の方良いのでは?と思います。

 

③ 一般から仕事まで対応
USB Type-Cを搭載している iPad Air は、USB-Cハブの利用を行う場合に便利です。何よりもiPad Pro 並に高性能でかつ、Pro よりも安価で購入できるのが魅力的です。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

④ 仕事で活用
デザイン系の趣味や動画編集 又は 仕事で活用する場合は、iPad Pro 12.9インチを選択するのが最適に感じます。全てにおいてスペシャルな機種なので、買って満足できる機種だと思います。

 

iPad後悔しない選び方は買わない選択もあり

iPadを購入する場合では機種選びも重要になりますが、それ以前に買ったは良いけど、購入して後悔する場合もあるのが実情になります。少なくともこのような展開にはならないようにした方が良いです。

iPadは買って後悔しないように心がける

iPad mini 5 及び iPad Air 4 を所持していますが、買って使い道に困ったり活用方法で悩んだ事も実際にありますが、後悔した事はありません。

というのも、筆者の場合は毎日の通勤用途に iPad mini を持参し、iPad Air は中国語の学習用途に活用しています。

本来は仕事に活用する目的でiPad Air を購入したのですが、コロナで仕事用途が無くなったお陰も関係して学習用途に活用の場を見出しました。

両方とも後悔しない使い方が出来て満足しています。あえて言えば、ロジクールFolio Touchは買わなくても良かった気がします。

 

iPad購入で迷った場合の解決方法

iPadを購入する場合では購入する直前までアレコレと考える場合もあります。この場合では、なかなか踏ん切りがつかなくて買うに買えないという展開。

もし、このような展開に陥った場合は有効な解決方法があります。それは、とりあえず1週間、購入を待ってみることです。

1週間継続してiPadが欲しい場合は購入して大丈夫です。でも、熱が冷めている場合ではもう1週間待ってみるのが最良の選択です。

何故か?と言うと、欲しい欲しいと思っていても時間が経過すると欲しい欲求は冷めるのである。

 

iPadを買わない選択も十分にあり

iPadを購入する場合では、果たして本当にiPadを使いこなせるのだろうか?という事を考慮する場合もあります。この場合では、ありとあらゆる想定を行っていると推察されます。

その結果、購入しても使いこなせる自信がないという結論に至る事が出来た場合は、買わない選択を行うのが最良の判断だと思います。

買わないと満足できない 又は 気が気でないという場合もありますが、少なくとも十分に検討を重ねた上での判断になるため、その判断は間違っていません。正解だと考えて良いです。