ESR iPad Airケース と iPadタッチペンのレビュー

iPad レビュー
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air を購入した場合ではApple純正のアクセサリーを一緒に購入する場合が多いですが、純正品の場合は価格もそれなりに高くなります。

予算的に安価で購入できる類似品も色々とあるため、そのようなアクセサリーを購入しても良いと思います。

そこで今回の記事は、iPad Air(第4世代)で使う 「ESR iPad Airケース 及び ESR iPad タッチペンのレビュー」についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ESR 製品で揃える iPad アクセサリ

iPad Air 4 を注文した時に当然のようにApple純正品アクセサリーのSmart Folio や Apple Pencil(第2世代)を購入しましたが、同様の機能を持つESR製品も魅力的に感じます。

ESR iPad Air ケース

iPad Air Smart Folio の代替品に相当するのがESR iPad Air ケースになります。性能的には互角 又は それ以上に感じる魅力的なiPadケースです。

その中でも特に魅力的に感じるのは価格です。Smart Folio よりも安価(半分以下の価格)で購入できて、同様の使い勝手が実現できるのはポイントが高いです。

さらには Smart Folio にはないプラスαの機能を装備しているため、検討&購入しても良いのではないか?と魅力的に感じます。

 

ESR iPad タッチペン

iPad Air 4 を購入した場合では、Apple Pencil(第2世代)も購入すると思います。

iPad Air や iPad mini で使えるタッチペンにはロジクールCrayon for iPad がありますが、このデジタルペンシルの代替品に該当するのが、ESR iPad タッチペンになります。

iPadシリーズとはペアリング不要で利用できますし、USB充電に対応しているため、この選択肢でも良さそうに感じます。

 

ESR iPad キーボードケース

ESR製品のiPadキーボードケースもありますが、筆者の場合は検討もしていなければ購入もしていません。

検討&購入しない理由は、iPad Air の Smart Connector非対応なので魅力的に感じません。

それにBluetoothキーボードは iPad mini で使用している iClever IC-BK08 折りたたみ式タッチパッド付キーボードを既に所持しているので不要なのである。

 

スポンサーリンク

ESR iPad Air ケースの紹介

iPad Air Smart Folio の代替品に該当するESR iPad Air ケースの紹介になります。

マグネット磁気吸着に対応

iPad Smart Folioと同様にマグネット吸着を採用しているため、iPad Air 本体をケースに近づけるだけで自然に吸着します。これならば誰でも簡単にピタッと装着できます。

但し、ピタッと吸着するのは、あくまでも本体裏面だけなので、ディスプレイ側は隙間が発生します。これは仕方のない事かも知れません。

 

Apple Pencil(第2世代)に完全対応

Apple Pencilのマグネット接続ワイヤレス充電に完全対応しているため、利便性を損なう事なく利用できるようになっています。

Apple Pencilの持ち運びも、フリップカバーですっぽり包み込む事が出来るため、落下防止にも役立ちます。

フリップカバーの長さは160mmあるため、Apple Pencilがすっぽり収まる幅になります。実際にはペン先がちょこっと飛び出ている状態。

 

オートスリープ&スタンド機能に対応

カバーを閉じると電源OFF、カバーを開くと電源ONになります。この機能は便利に使えます。

 

ESR iPad Air ケースのレビュー!マグネット磁気吸着のSmart Folio
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した iPad Air Smart Folio が有るのにも関わらず、ESR iPad Air ケースを購入しました。 どうして購入したのか?というと、問題が発生し...

 

ESR iPad タッチペンの紹介

ロジクールCrayon for iPad の代替品として利用できるESR iPad タッチペンについての紹介になります。予備のタッチペンを購入する場合に検討しても良さそうな商品です。

充電方法はUSB充電

このタッチペンの場合はUSB充電になりますが、ここで1つ注意があります。

MicroUSB充電ケーブルにて充電となるため、USB Type-C ではない事に尽きます。iPad Air 4 のUSB充電ケーブルを利用する事は出来ません。

因みに充電方法は至って簡単で、ペン先とは反対側にUSB端子があるため、そこに差し込むだけです。

 

電源ON状態はLEDで確認できる

ロジクールCrayon for iPad の場合では電源ONにした直後は電源ONのLEDを確認する事が出来ますが、しばらく経過すると自然にLEDが消灯してしまうので電源が入っているのか?分かりにくいです。

それに対して、ESR iPad タッチペンの場合は電源ONするとブルーのLEDが電源OFFになるまで点灯するので分かりやすいです。

気の利いた配慮があると使いやすくなります。

 

一長一短に感じる部分

① 長所
急速充電に対応しているのが便利です。たった5分間の充電で約1時間使う事が出来ます。さらには1時間の充電でフル充電できるのも魅力的に感じます。

因みに、フル充電した状態での使用時間は最大で12時間になります。

 

② 短所
MicroUSB充電なので、持ち歩く場合では別途MicroUSBケーブルを持参する必要が発生するのがデメリットになります。スマホやiPadと共通で利用できないのが痛いです。

 

Apple Pencil代替ESR iPadタッチペン・レビュー!パームリジェクション機能対応
皆さん こんにちは! iPadシリーズでデジタルペンシルを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情で...

 

ESR iPad Airケース 及び ESR iPadタッチペンのレビュー

iPad Air で利用できるアクセサリーのESR iPad Airケース 及び ESR iPadタッチペンのレビューについての紹介になります。

ESR iPadタッチペンのレビュー

① 充電方法
USB充電しながらタッチペンを利用できるのはとても便利に感じます。というのも、Apple Pencil や ロジクールCrayon for iPad では、それが出来ないからです。

でも、実際に充電しながら使うと充電ケーブルを差し込んでいる部分が重たく感じます。

 

② 書き心地
ペン先が細い関係でディスプレイ上での反応がイマイチに感じます。タッチした場合の角度によっては反応が鈍い感じなので、使い勝手としては微妙に感じます。

但し、筆者の場合はガラスフィルムを貼付しているため、反応が鈍くなっている可能性も否定できないため、現段階ではよく分かりません。

 

③ ペン先
交換用のペン先が付属されているのは助かりますが、超小さいので、紛失しやすいです。

 

ESR iPad Airケースのレビュー

① フリップカバー
ESR iPad Air ケースにはApple Pencil 2 に完全対応している収納&フリップカバーが搭載されています。すっぽり丸ごと包み込むようになるため、非常に便利に感じます。

 

② 触り心地
表面の触り心地は気持ち良いです。スベスベ感があるので指紋汚れが付きにくいです。それでいて柔らかみを感じる事が出来ます。それに対して内側は、ちょっと微妙に感じます。

 

③ ディスプレイ保護
ディスプレイ保護に関して言えば、Apple純正のSmart Folio の方が圧倒的に良いです。これさえ気にしなければESR iPad Air ケースでも問題ありません。